お客様の声

首都高速道路株式会社様


首都高速道路が初めて開通したのは1962年。京橋から芝浦間のわずか4.5kmでしたが、その後ネットワークは拡大を続け、現在、総延長320.1kmにまで広がっています(2019年3月)。首都高速道路株式会社様は、“お客様第一”の理念をベースに、幅広いステークホルダーを対象としたCSR(企業の社会的責任)活動を展開し、年次報告書である「CSRレポート」を発行しています。三幸企画は、2018年版の「首都高CSRレポート」の制作をサポートいたしました。首都高速道路様のCSR活動についてお話を伺いました。

情報が整理されたCSRレポートの制作を目指す
CSRレポートの発行を始めた経緯を教えてください

当社は、ステークホルダーへの情報公開を進める中で、事業レポートや管理レポート、環境レポートといった各種報告書を個別に発行してきました。こうした冊子を通じて、当社の社会貢献活動などCSRに関係したコンテンツについても紹介してきたのですが、CSR活動を総合的に一冊に取りまとめて分かりやすく公表したいと考え、2016年度からCSRレポートを発行することにしました。

CSRレポート発行のねらいは何ですか?

首都高は知っていても、首都高速道路株式会社という企業体が運営していることを知らない方が多いのではないでしょうか。首都圏のみならず、日本経済の浮沈を占うような施設を管理・運営している企業で働く我々社員は、ステークホルダーの皆様に当社の取り組みを理解してもらうことが必要と感じています。私たちの活動に対して皆様から評価をいただき、それを業務に反映していくというPDCAを構築することが大事であり、そのためにもCSRレポートを通じて情報公開をしっかり行い、皆様に認知していただく必要を感じています。

2018年版ではSDGsへの対応にも触れています
取材

SDGsへの取り組みは、「持続可能な社会の実現に貢献する」という当社のCSR方針にも合致する重要な課題だと認識しています。首都高の事業そのものがCSRを含んでいるので、事業を粛々と進めていけば一定の社会的責任を果たしていけるかもしれませんが、それだけでステークホルダーへの取り組みの質を高めていくことはできません。その可能性を広げるのがSDGsという存在かもしれません。 たとえば、ある路線をつくるときには、その地域に住まわれる住民の方々の生活や地域の環境に配慮し、調査結果などを確認しながら皆様にとって良い高速道路をつくろうとします。そうしたアクションを地球規模で広げてみたときに、私たちができる社会貢献がまだ多くあるだろうと。東京という世界的大都市において、ひとつのインフラをつくり上げた成果・実績を基に、他国の発展に寄与できる可能性もあります。 まずは、私たちの業務がSDGsの「17の目標169のターゲット」の分類にどう紐付いているかを社員一人ひとりがしっかりと認識していくことが大事だと思っています。

 
分かりやすく、飽きさせない工夫で内外から評価
2018年版のCSRレポートの評価はどのようなものですか?

2016年版の発行から3冊目を迎え、三幸企画さんの尽力もあって、分かりやすく良いレポートであると内外から評価されています。 2018年版CSRレポートは、情報のボリューム感をいかに最適なものにするかが大きな課題でした。それまでのレポートは、数冊分のレポートの情報をひとつにまとめたという経緯で作っていたため、読者の皆様から「情報量が多い」「一冊読むだけでも大変」と言われてきました。三幸企画さんには、情報の分量を落としながら、読んで飽きさせないようビジュアルを上手に使っていただくなど、センス良い提案をいただいたと思っています。

レポートの活用についてはいかがですか?

当社の事業活動が極めてCSR的色合いを持っているため、CSRレポートが充実すればするほど、事業案内のような使い方にもつながってきます。関係団体の皆様への業務説明などの場面では、この一冊で自己紹介が済みますし、CSRはコミュニケーションが鍵と考えているので、このレポートが社員や関係者の皆様の役に立っていることを喜ばしく感じています。

CSRの知見を活かした提案に期待
CSRレポートやその活動の今後の課題は何ですか?

社内の評判はいいのですが、首都高のCSRレポートとして現状のままでよいのかと自問自答しています。地域の課題、地球規模の課題に対しどのような貢献をしていくかを示すことが、今後のCSRレポートの伸びしろの部分だと思っています。 当初、社員の意識として、CSRは自分たちの普段の業務とは異なるものという誤解がありました。2018年版レポートで情報が整理されて、自分たちがやっている仕事のコアな部分がすなわちCSRなのだと理解されてきたように感じます。今後もさらに業務を通じて社会課題の解決に貢献しつつ、よりよいCSRレポートの発行を通じて積極的に情報発信していきます。

最後に、三幸企画への期待は?

制作会社を選定した理由のひとつに、「喫緊の社会問題、CSRトレンドを把握しているか」がありました。社会が今どういう状態にあり、ステークホルダーが私たちにどういう情報発信を期待しているか。感度を高めてキャッチし、ご提案いただければと思います。また、読者のハードルを上げずに自然な形でレポートを読んでいただける“仕掛け”は制作会社の皆様でないとできないことなので、今後も三幸企画さんからのご活躍に期待します。

SDGs:Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称。2015年9月の国連サミットで採択されたもので、2016年から2030年までの間で達成を目指す国際目標。17の目標と、それらを達成するための169のターゲットで構成されている。

首都高速道路株式会社様
 
ライン

代表者 代表取締役社長 宮田 年耕
ライン
本社所在地 東京都千代田区霞が関1丁目4番1号
ライン
資本金 135憶円
ライン
URL https://www.shutoko.co.jp/
ライン
TEL 03-3502-7311
ライン
設立 平成17年10月1日
ライン
事業内容

首都圏における都市高速道路の建設・管理、駐車場・高架下施設の建設・管理など

ライン
 
日本コークス工業株式会社様


創業は明治22年にまで遡り、百有余年の歴史をお持ちの日本コークス工業株式会社。2009年4月に三井鉱山株式会社から社名を変更した際、三幸企画が新しいCI(コーポレート・アイデンティティ)作成のサポートを行いました。現在、鉄鉱石から鉄を作るための還元材“コークス”の製造・販売、石炭の販売、粉粒体機器をメインとする化工機(粉粒体機器)事業、資源リサイクル・エネルギー事業、物流事業等を展開している企業です。
今回は、日本コークス工業株式会社の執行役員であり、人事・総務部長を兼任する佐々木稔様から、お話を伺いました。

世紀を越えて受け継がれるエネルギーカンパニー
御社(日本コークス工業株式会社)の業務内容について教えてください

弊社は、鉄造りに欠かせない高品質な“コークス”を安定的に生産・供給することにより、実績を築き上げてきました。約20社に及ぶグループ企業と連携したコークス事業を基幹としつつ、石炭、化工機(粉粒体機器)、そして資源リサイクル、物流事業を行う21世紀型資源・エネルギーカンパニーです。2009年4月1日、「三井鉱山株式会社」から「日本コークス工業株式会社」へと生まれ変わりました。

なぜ社名を変更されたのでしょうか?

激変するビジネス環境に対応するため、また次世代へ豊かな地球環境を継承していくため、事業の再構築が必要になりました。従来からの“ものづくり・人づくり精神”を継承しつつも、これまでとは違う新しい組織に生まれ変わるために、社名変更は避けて通れない課題でした。

「品質と価格のバランス」が争点のカギ
決め手は「フットワーク」と「普段のおつきあい」
CI策定の背景について、詳しく教えてください

実際の業務内容と社名からイメージする業態のギャップを埋めることを、まず第一に考えました。検討の結果、基幹事業である“コークス”を社名に据えることになり、「日本コークス工業株式会社」が新社名となりました。社名変更に伴い、CI(コーポレート・アイデンティティ)の策定が急務となりました。弊社としては、新社名の堅さを和らげる、少しソフトなイメージと、鉄鋼という産業のコアの部分を支えているという位置づけを感じさせるものにしたいという希望がありました。CIの策定に伴う制作物は、ロゴ・スローガンをはじめ、会社案内、ホームページ、新聞広告等、多数あります。CIは企業イメージを表す重要なものですので、広告代理店を選ぶにあたって慎重にならざるをえませんでした。そこで、三幸企画の他にも数社にお声掛けしてコンペを行い、検討した結果、三幸企画にお願いすることにしました。

三幸企画に決めた理由は何でしょうか?

半年という短い納期に対応いただけること、そして品質と価格のバランスです。コンペで大事な争点はその2点でした。コンペによって、時間的制約のある中で、よい品質のものをリーズナブルな価格でご提供いただけるという三幸企画に決まりました。コンペ以前からも、三幸企画とはおつきあいがあり、同社の社員のフットワークの良さ、こちらの要望以上のものをきちんと提供していただける点は、従来から高く評価されていました。弊社の組織や業態をよく知っていただいているということも、決定理由のひとつでした。「今回もきっと会社のイメージをガラリと変える素晴らしいものを作ってくれるに違いない」と期待して発注しました。

CI策定から生まれた、社員の結束と共通認識
CI策定は具体的にどのように行いましたか?

「これまでの100年余りで得た良い部分は残しつつ、社会環境の変化に対応出来なくなった部分はすべて変える」。この確固たる意識を持って、トップダウンで変革をスタートさせたものの、CI策定前の社内は混乱期を迎えていました。しかし、時間だけではなく、マンパワーにも余裕がない状況ながらも、三幸企画に全てをお任せするのではなく、取材協力や写真撮影の立会い、原稿チェック等に、総務だけでなく関連する事業部の担当者や幹部社員も積極的に携わるようにしました。三幸企画と共に考え、共に行動し、社員一丸となってやり遂げたという印象があります。次のステージに向けての第一歩として、短期間のうちにCI策定をやり遂げたことで、結果的に、経営トップはもちろん、全社員が「新しい会社になった」という共通認識を持つことができました。

制作物の評価はいかがでしたか?

弊社の意図をよく汲み取っていただき、期待以上のものを納品いただきました。特に新聞広告、会社案内は、お客様からも「素晴らしい」と評価いただきました。目にした瞬間、思わず家族にも見せたくなってしまったほどの、よい出来ばえでしたね。弊社は、昔から長くおつきあいをしているお客様が多いのですが、新規のお問い合わせも増えたという嬉しい誤算もありました。CI策定により、次のステージに向けてよいリスタートが出来たと思いますし、これからの100年も三幸企画と共に歩んでいきたいと思います。

日本コークス工業株式会社様
ライン

代表者 代表取締役社長 西尾 仁見
ライン
本店所在地 東京都江東区豊洲3丁目3番3号
ライン
資本金 70憶円
ライン
URL http://www.n-coke.com/
ライン
TEL 03-5560-1311
ライン
設立 明治22年
ライン
事業内容 コークスの製造・販売

石炭の販売

化学機器・装置の製造販売

資源リサイクル事業

物流事業 不動産事業 他
ライン
月島機械株式会社様

創業明治38年(1905)、長い歴史を誇る産業機械・環境保全設備メーカーの雄、月島機械株式会社。弊社とは長年のおつきあいをさせていただき、最近では特に、展示会設営業務等でのご指名をいただいております。 広報・宣伝担当の荒井様に、ご満足いただいている点やご要望などをお伺いしました。

当社のイメージ戦略を共有してくれる頼もしいパートナー
御社は各種展示会に出展されていますが、展示会参加の目的は何でしょうか?

2つあります。ひとつは、企業イメージの維持と向上ですね。当社の取引先は官公庁も多いので、信頼や安心感というイメージを演出するのが狙いです。もうひとつは、商品のPRや製品の認知度アップなども目的のひとつです。

御社のイメージ戦略として重要な位置を占める展示会において、弊社に設営のご指名をいただいている理由をお聞かせください。

以前はコンペをしていたのですが、三幸企画さんはそこで優秀な成績を収められました。斬新なデザインや、コストパフォーマンスの高さなどが決め手となりました。以後、毎年直接お願いしていますが、いまでは当社のイメージの方向性を共有できるパートナーになって頂いています。

その方向性とは?

当社の企業イメージカラーブルーです。展示会に於いても、白とブルーを組み合わせたクリーンなイメージを基本としています。三幸企画さんは、そのカラーリングを活用して展示会毎に柔軟な提案をしてくれます。

機敏な現場対応もパートナーとして心強いと感じています
他に三幸企画をご指名いただいている理由はありますか?

スタッフの現場対応力。これも私たちの評価の大きな要因のひとつです。

具体的には、どのようなことを評価していただいたのでしょうか。

例えば営業部門から前日、急に「ブース内に映像がほしい」と要望したことがありましたが、翌日には適切なものを用意してもらい、ブースの訴求力が数段アップしました。また、現場管理がしっかりしていることも三幸企画さんの特長ですね。展示会の現場では図面上問題なく見えても、実際に物を置いてみると不具合が生じることがあります。当社の場合には三幸企画さんが最終的なチェックの段階でこちらが想定しなかったリスクを指摘して、解決策を提案してくれたこともありました。その時は大変助かりました。

エンジニアリングに強いから安心しておつきあいできます
弊社の展示会サービスをご利用いただいた後に、売上の変化等、何か効果が出たことがありましたか?

毎回、数社から「御社の装置を使って実験をしたい」というオファーをいただきますが、商品の特徴をうまくPRできている成果ではないでしょうか。

今後、弊社に期待されることやご要望をお教えください

三幸企画さんはエンジニアリング会社との取引が多いとのことで、どなたも専門用語を理解されているので助かります。また、当社は海外ビジネス、特に中国を中心とした東南アジアへの展開を視野に入れています。三幸企画さんはカタログ制作も得意だと感じていますし、豊富な実績も持っておられるので、中国語のカタログ強化などでも力を貸して貰いたいですね。

月島機械株式会社様
ライン

代表者 代表取締役社 山田知彦
ライン
本店所在地 東京都中央区佃二丁目17番15号
ライン
資本金 6,646,801,824円
ライン
URL http://www.tsk-g.co.jp/
ライン
設立 明治38年
ライン
事業内容 産業機械および装置の設計・製作他
ライン
株式会社ニイガタマシンテクノ様
 

株式会社ニイガタマシンテクノは、新潟鐵工所の工作機械事業部、及び射出成形機事業部が分社化し、2003年4月に新設された会社です。前身である新潟鐵工所の時代にさかのぼると、工作機械の歴史は100年以上になり、現在は工作機械と射出成形機の設計・製造・販売を主としています。
今回は、株式会社ニイガタマシンテクノ 営業本部 工機営業部 東京支社 業務課長である石崎亮様から、お話を伺いました。

ものづくり大国・ニイガタ生まれのグローバル企業
御社( 株式会社ニイガタマシンテクノ )の業務内容について教えてください

弊社は、国内外で高く評価されていた新潟鐵工所の工作機部門・射出成型機部門を受け継ぎ、2003年にニイガタマシンテクノとして新生しました。現在、工作機械と射出成形機の設計・製造・販売を行っています。工作機械は、建設機械や航空機の部品など金属の切削加工を行うもので、機械をつくる機械「マザーマシン(母なる機械)」とも言われています。建設機械、航空機、造船、自動車、電機・精密機器、家電、さらにエネルギー関連企業等、様々な業界のメーカーと取引きしており、マーケットは日本をはじめ、アメリカ、アジア、ヨーロッパまで世界に及んでいます。

カタログ制作の経緯について教えてください

社歴は短いのですが、ニイガタマシンテクノの前身である新潟鐵工所時代にさかのぼると、弊社の工作機械製作には100年以上の歴史があります。様々な機械が新潟で生まれ、国内外問わず、多くのお客様に納入されてきました。現在ご受注いただいている機械の半分以上がリピート機で、過去に弊社の機械を買っていただいたお客様が再び選んでくれています。カタログは新製品ができるタイミングで、その都度必要となります。三幸企画には総合カタログおよび新製品のカタログのほか、広告制作をお願いしています。

こちらがアピールしたいセールスポイントを上手にビジュアル化「力のあるところだな」という印象

 

三幸企画にご発注いただいたのはなぜでしょうか?

総合カタログについてですが、新潟鐵工所時代からおつきあいのある企業が数社あったので、コンペをすることにしました。カタログ案を出していただいたところ、企画力とデザイン力が他社を圧倒していたので、三幸企画に決めました。実はそれ以前にも、三幸企画に新製品のカタログを作っていただいたことがありました。その時、こちらが出したいアピールポイントをうまく具現化する能力に驚かされました。三幸企画について、「力のあるところだな」という印象を持っていたので、今回も、「弊社の意向やセールスポイントを上手に汲み取り、カタログというビジュアルに落とし込んでくれるに違いない」と思い、発注しました。

どのような流れでカタログ制作を行いましたか?

総合カタログの場合は、コンペで提出された企画案をもとに、こちらが入れ込みたい要素を伝えていきました。弊社の主力・売れ筋製品というのは決まっていますので、ページ構成に時間をかけました。お互いにアイデアをラフな形で出し合い、「こんな感じで」とお話すると、うまくビジュアル化してくれました。弊社が扱っているのは、一般ユーザーを対象とするものではなく、プロ仕様の製品です。その総合カタログですので、数字・文章等、掲載内容の正確さはもちろんですが、ある程度の専門知識や業界の動向等背景となる知識も必要になります。それらを理解していただいているのでしょう。製品にふさわしいデザイン、キャッチコピーをご提案いただき、上手にまとめていただきました。

完成品を見て満足、値段に納得安心してお願いできるパートナー企業
完成した制作物の評価をお聞かせ下さい

実際に納品いただいたものを見て、デザイン力というかセンスを感じましたね。1ページ1ページ丁寧に仕上がっていますし、写真とのコラージュも見事でした。こちらがお願いしたレイアウト上のポイントをおさえつつ、製品のセールスポイントもうまく強調してくれました。三幸企画は、安心して仕事をお願いできるパートナーです。

株式会社ニイガタマシンテクノ様

 

ライン

代表者 代表取締役社長 山口 久一
ライン
本社所在地 新潟県新潟市東区岡山1300番地 TEL 025-274-5121
ライン
資本金 8憶円
ライン
URL http://www.n-mtec.co.jp/
ライン
東京支社 東京都千代田区外神田5丁目1番2号 末広ビル2階
TEL 03-5807-5420
ライン
設立 平成15年4月4日
ライン
事業内容 工作機械および射出成形機の設計、製造、販売他
ライン

ページトップへ